体験談その3.オンライン英会話ならぬ、オンライン日本語教師

大学時代、日本語教育を専攻し、日本語教育能力検定試験に合格。
卒業後は近所の日本語学校に就職し、非常勤講師ながらも週6日出勤しあくせく働いていました。

日本語の授業は想像以上に準備が大変です。
授業プランを練るのなんて、初めてやった時は「何日かかるんだ…?」ってくらい難航したのを覚えています。
一度作ったらブラッシュアップしていくだけなので、その後はそこまで大変なことではありません。

3年間、非常勤として働いてからは常勤となり、給料は大幅に上がりました。
と言っても、他業種と比べると安い方。
非常勤の頃は月給20万円ほどだったのが、27万円になったくらいです。
当時はそれでも十分嬉しかったものです。

が、やはり収入はもっと欲しくなってきてしまうもの。
私が始めたのは、副業としてオンライン日本語教師でした。
幸い、会社は副業禁止ではなかったんです。

検索してみると結構求人があるもので、中には経験不問のものまで。
しかし、そういった求人は何となく不安があったので、日本語学校と同様レベルの応募条件のあるところを選びました。
履歴書はネット上でフォームに記入、面接もスカイプを通して行います。
そこで驚いたのは、面接官が何と外国の方。
実際に10分ほど授業をしてほしいと言われ、若干戸惑いましたが基礎中の基礎レベルの授業をしてみました。
元々日本語がかなり達者な方でしたが、緊張している中で難度の高い授業をしてミスをするのを防ぐためです。

結果はその場で採用が決定。
勤務ペースも最低限のところを守っていれば自分で決められるため、体力的にはとても楽なものでした。
ですが、生徒は毎回変わり、それぞれのレベルも様々。
最初のうちはなかなか大変でしたが、慣れてくるとそれが逆に楽しくなり、日本語教師としての臨機応変さも養われたように思います。

給料は多い時で月3万円ほど。
決して多くはないですが、それ以上に得るものがあると感じています。
また、教師として人気が出れば給料は随時アップしてもらえるそうなので、頑張りがいもありますね。
もし日本語教師としてもっと稼ぎたいと思った時は、オンライン日本語教師を副業にするのも考えてみても良いでしょう。

これから日本語教師を目指すなら、しっかりとした勉強は欠かせません。
学校に通うのも良し、独学も良し。
独学の場合、通信講座もおすすめです。
独学とは言えなくなってしまうかもしれませんが、いざわからないことがあった時に質問できると言うのは大きいと思います。
日本語教師を目指す通信講座は調べてみるといくつか見つかります。
「日本語教師 通信講座」などで検索してみて下さい。
個人的に参考になるかなと思ったのは↓のサイトです。
https://日本語教育能力検定試験通信講座.net/
一度見てみても良いと思います。

日本語教師、酸いも甘いもある職業ですが、色々な国の人との出会いは他の職業では味わえない刺激があります。
その刺激、楽しさに触れてしまったら、他の職業に就こうと言う気には私はなれなくなってしまいました。
これからも日本語教師を極めに極めて、日本一と呼ばれる領域を目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です